新概念 OS プロテクト型 エンドポイント セキュリティ - App Summary -

多くのエンドポイントセキュリティ製品は「検知型」と呼ばれるもので、マルウェアなどの検知・検出を行います。検知・検出するには主に過去の脅威情報をもとにパターン、振舞、挙動、または機械学習したAIモデルと比較し、想定することで脅威をあぶりだします。それらの手法は未知の攻撃パターンへの対応が難しく、完全な防御は不可能です。

また、「ホワイトリスト型」と呼ばれる手法もあります。ホワイトリスト方式はその名の通り、警戒を必要としない対象のアプリケーションやプロセスを一覧化し、リスト外のものを拒絶します。企業内で使用しているアプリケーションをホワイトリスクに登録しなければならないため、自由度は大幅に制限されます。またアプリケーションの追加やバージョンアップなどを行うたびに、ホワイトリストの更新が必要とされ、運用管理者への負担が膨大です。

一方のAppGuardは、従来のエンドポイントソリューション、「検知型」や「ホワイトリスト型」とは完全に異なる思想のもと開発されました。AppGuardはOS プロテクト型、とその名の通り、OSそのものをまもりシステムに害を与えることがありません。OS プロテクト型の特性としては、検知・検出を行うことはせずに、未知・既知を問わずいかなる脅威からもPCをまもります。さらに、ユーザがインストールしたプログラムは、リスト化(ポリシー設定)することがなく使えることはもちろんのこと、それらのソフトウェアのバージョンアップを設定変更なしで適用することも可能です。

AppGuardの特徴 - Recommended Features -

1

過去の脅威情報に依存しない

・未知の攻撃からもWindowsを守る

・ランサムウェアやファイルレス等からも守る

・いたちごっこのセキュリティー対策からの脱却

・業務継続性を確保

2

軽くて軽快な動作

・ディスクスキャンは一切なし

・パターンファイルの更新も一切なし

・メモリ使用率が従来製品の10分の1

・エンジンが1MB以下

3

アップデート不要

・パターンファイルの更新不要

・エンジンの更新不要

・人に依存しない、運用の簡略化

・運用コストの削減

賠償責任・事故対応特別費用として

1ライセンスごと 500万円 の保証をする

サイバー保険が無償付帯します。

 

詳細はこちら

製品ラインナップ - Line Up -

01

AppGuard Solo

スタンドアロン製品

・目途として利用者が49名以下

・インストールするだけのお手軽導入!

・直感で操作できるコントロールパネル搭載

詳細はこちら

02

AppGuard Small Business Edtion

集中管理機能付き製品

・目途として利用者が300名以下

・管理サーバの設定不要で即日利用可能

・運用が楽になる設定が初期登録済み

詳細はこちら

03

AppGuard Enterprise

集中管理機能付き製品

・目途として利用者が301名以上

・安心の導入支援サービス付き

・カスタマイズが必要な大規模向け

詳細はこちら

お問い合わせ - Contact -

製品についてのご質問、導入に向けたご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。